築年数と不動産の賃料とは関連性があるかです。売買されるものよりも大きく変動するものではないようです。

不動産投資に興味がある

築年数と不動産の賃料との関連性について

購入する場合に新築か中古かで違いが出てくることがあります少しでも利用すれば中古と言われます。それで価格が変わるのは納得出来ないところもありますが、人が使ったかどうかで見ることが多いので違いが出るのでしょう。これが賃貸の場合だったらどうでしょうか。賃貸においても新築物件とそうでない物件があります。さすがに中古との表現はありません。誰も住んでいない新築の状態で住むことができると、得をしたように思うことがあります。

築年数と不動産の賃料については関連性があるのでしょうか。売買されるものと違って、誰かが使ったものを使うのが一般的になっています。そのために新築と少し使ったぐらいになるとそれほど変化はないようです。ですから、最初に利用する人と、1年後に利用する人でいきなり賃料が変化することは少ないのです。安くなるなら後で借りた人が得に思うでしょうが、この場合であればいかに先に借りるかが勝負になってくるのかもしれません。

築年数で下がってくる年数としては、10年ぐらいが一つの目安になるようです。そのときに数千円安くなることがあります。あくまでもその時の市場の状況や周辺状況が影響することになります。それほど下がらないこともあります。
Copyright (C)2017不動産投資に興味がある.All rights reserved.