不動産物件の下見をするのなら駅からどれくらいか治安がよいか、店との距離はどうかといったところを調べるのが大事

不動産投資に興味がある

不動産物件の下見すべきところは

不動産物件は自分が将来住む場所となるところです。なので当然物件を見ずに契約するというのはまずありえないことで、必ずその物件の下見をすることになります。百聞は一見にしかずという言葉がありますが、正にその通りであり写真や地図だけを見ても実際の感覚というのはつかめないからです。

さて実際に下見として確認するのならどうしたところを確認したらよいでしょうか。まずは当然のことながらそこから駅がどれくらいの距離にあるかです、車を持っている方にはあまり関係かもしれませんが、駅は大事な移動手段となるので、特に遠出をよくする人はしっかりと駅から実際に歩いて確認するとよいでしょう。実際に不動産のデータには歩いて何分というのがありますが、それは信号等を考慮しておらず、何より人によって歩行速度は違うのであまりアテにならないからです。そして次はその物件周りの治安がどうかです、日本は海外に比べれば平和といえど、やはり夜になるとおかしな人物が出るということもあります。そうなると命の危機にさらされる可能性があるので、実際に1回は夜にそこへ行ってみて確認しましょう。そして生活するのなら当然スーパー等の店で買い物をする必要があるので、そうした店が物件からどれくらいの距離にあるかも重要です。
Copyright (C)2017不動産投資に興味がある.All rights reserved.