不動産の登記には仮登記や付記登記などの種類があります。どのようなものがあるのか、調べてみたいと思います。

不動産投資に興味がある

不動産登記の種類の紹介

不動産の所有が認められるためには法務局へ行って登記をしてもらわないといけないのですが、調べてみるといろいろな種類があり、仮登記や付記登記などがありました。ここで思ったのですが登記の種類にはどのようなものがあるのでしょうか。それについて調べてみたいと思います。

種類には前に述べた仮登記や付記登記のほかに、表示に関する登記、所有権の登記、それ以外の登記があります。まず仮登記とは正式な登記ではありませんが、権利変動の際に請求権の順序までも変わらず、保全するために行なわれるものであり、後で本登記を行なうことでその順位が確保されたまま登記が行われたということになります。付記登記とはすでにされた登記の内容を変えたり、または移転するなどしてすでになされた登記と一体のものとして示す必要があるものをいいます。表示に関する登記は不動産の現在の状況を明らかにするために行なわれるものです。所有権の登記は前述のように不動産の所有が認められるために行なわれるものであり、移転や変更などの登記があります。それ以外の登記には賃借権や抵当権などといった不動産以外のものに関する登記のことです。その内容は不動産のときとあまり変わりません。

前に述べたものがこれらが登記の種類です。
Copyright (C)2017不動産投資に興味がある.All rights reserved.